読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画】クリムゾンピーク

クリムゾンピーク

f:id:moya4:20160203013029p:plain

・あらすじ

クリムゾン・ピーク - Wikipedia

20世紀初頭のニューヨーク。少女イーディスは実業家の父・カーターと二人で暮らしていた。イーディスには死者の魂と通じ合う力があり、幼い頃に亡くなった母の存在をいつも感じている。ある夜ベッドルームで、イーディスは母の幽霊から「クリムゾン・ピークに気をつけなさい。」と警告を受ける。時は経ち、大人になったイーディスは、周りの同じ年頃の娘達がファッションや男性との付き合いに関心を持つ中、小説の執筆に夢中になっている。そんなイーディスのそばに居ようとするのは、社交界では異端児扱いされている、幼馴染で医者のアラン・マクマイケルであった。

ある日、カーターの会社に準男爵の称号を持つトーマス・シャープという男が現れる。彼は自身の発明した粘土掘削機への投資を求めて現れたという。カーターはトーマスに不信感を抱くが、イーディスは物腰柔らかく、自身の小説を褒める彼に次第に魅かれていく。トーマスが帰国する日、イーディスはいても立ってもいられずに、帰国の途に就こうとする彼のもとへ向かう。追ってきた彼女にトーマスは愛を誓う。だが同じ日、カーターがクラブのバスルームで何者かに、洗面台に頭を打ちつけられて殺害されてしまう。イーディスらと遺体を見たアランは、独自に真相を調査し始める。

父を失った悲しみに沈むイーディスは、トーマスと結婚して遠く離れた彼の屋敷で暮らすことを選ぶ。屋敷ではミステリアスな雰囲気のトーマスの姉、ルシールとも同居することになる。やがて、少しずつ新しい生活に慣れるにつれ、悪夢のような幻影や恐ろしい深紅の亡霊達が、イーディスの前に姿を現すようになっていく・・・。

 

・個人的な評価

また見たい:     ★★★☆☆

続編あったら見たい: ★★★☆☆

アクション:     ★★★★☆

ホラー:       ★★☆☆☆

映像美:       ★★★★★

総合評価:      ★★★☆☆

 

・感想

あのギレルモ・デル・トロ監督の…というより安易にトム・ヒドルストンが出てるゴシックホラーということで見に行きました。上映館がめっちゃ少なくて公開前からTwitterで何かと話題になってましたね。

 

いやあ

 

なんというか

 

色んな意味トム・ヒドルストンの魅力を引きだしている映画でした。

 

f:id:moya4:20160203013556p:plain

いかにも悪役っぽいポスター

 

最初ね、こんなナリをしているので、彼が冥界とか霊界のすっげえやつでヒロイン食っちまうのかなあって思ってたんですけど、そうじゃなかった。むしろヒロインがちょうかっこよくて最終的にイーディス(ミア・ワシコウスカ)さんトーマス(トム・ヒドルストン)を抱いて!ってなったもん。

 

f:id:moya4:20160203013749p:plain

 この人(イーディスさん)めっちゃ強い。

 

f:id:moya4:20160203014057p:plain

この人(ルシール/ジェシカ・チャスティンさん)に至ってはもう・・・おう・・・

 

見ていて貞子3Dの石原さとみを思い出したのは私だけじゃないはず。

f:id:moya4:20160203014251p:plain

貞子3D評価悪いですけど、ホラーアクション映画としてみれば傑作だと個人的には思います。

 

トムヒの役柄としての魅力って「守ってあげなきゃ」ってなるところだと思うんですよね。萩尾望都とか竹宮恵子とかそういう世界の耽美な青年像。若者特有の傷つきやすい、でも情熱は持ってる儚い青年。

 

それプラスめっちゃ強い女性たちによるバイオレンスショー

 

つまりはそういう映画でした。

(自分で書いててよくわからなくなってきた)

 

ホラー映画を求めていくとちょっと違うかなあと思います。

あんまホラー活躍してないし

 

あ、いうまでもなく映像はめっちゃ素晴らしかったです。

あの巨大な屋敷がCGではなくセットとかすごいなあ、の一言。

f:id:moya4:20160203014908p:plain

 

 

この映画で唯一なんでだよ!って思ったのが入場者プレゼントのトムヒのスーツ姿のミニクリアファイル

 

f:id:moya4:20160203015417p:plain

 

公式グッズなんだから時代考証ちゃんとしようよ!

こんなシーン一瞬足りとも映画になかったよ!